田村 隆一郎

期間限定SALE❣️フランスヴィンテージラック,
 さて、そのイノベーションという言葉を聞くと、どのようなイメージを持つでしょうか。
 斬新で、世の中にないものを生み出す。そんなイメージを持つ方が多いかもしれません。
 確かにそれは間違いなくイノベーションと言えるものでしょう。そのようなイノベーションは、「ラディカル(革新的)・イノベーション」と呼ばれます。
 スマートフォンや、ロボット型掃除機などは、今までにない利便性を与え、人々の生活スタイルを変えています。
 しかし、世の中に存在せず、まだ誰も実現できていないことを追求することばかりがイノベーションではありません。それらの斬新な製品やサービスが、顧客に受け入れられて、売上につながればよいのですが、まったく見向きもされないこともあるでしょう。
 他にはない斬新なものを次々に生み出して市場に提供する。売れるか売れないかわからないが、とにかく開発を進める。
 それでは単なるバクチにしかすぎません。
【専用】unico ランバーミニ テレビ台,
 たとえば、ヒット製品を生み出して売上を一気に15%上げる。あるいは、コストを一気に15%ダウンさせる。それらは簡単なことではありません。
 しかし、売上を毎年3%ずつ向上させる、またはコストを毎年3%ずつダウンさせる、それらは実現不可能ではないと思います。
ピンクパンサー 刺繍入り リバーシブル スカジャン,
 
5年で15%以上の売上アップが実現できます。
キルト スカジャン リバーシブル ベロア,

5年で15%近いコストダウンが実現できるのです。
 それらは、立派なイノベーションと言えるでしょう。イノベーションは、斬新なものを生み出すことだけではありません。継続的な改善も、間違いなくイノベーションです。
 イノベーションはどの企業でも実現可能なことなのです。
 
 
 
■田村 隆一郎
大手チェーンストアにてロジスティクス戦略策定、物流効率化、業務改善活動などに携わる。退社後、田村経営コンサルティング事務所を設立。物流改善コンサルティング、業務改善コンサルティングなど、企業を良くする活動を実施中。